感染してしまったら?|犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!

犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!

感染してしまったら?

錠剤とカプセル

蚊が活発化する時期に多発するフィラリア症。予防薬を投与していれば感染することはありませんが、投与し忘れや少し期間があいてしまうだけで感染する確率は高くなります。もしフィラリア症に感染してしまうと犬や猫にどのような症状が現われるのか気になる人もいるのではないでしょうか。
フィラリア症に感染してしまった場合には、急性フィラリア症と慢性フィラリア症の2種類のフィラリア症があります。どちらも急いで病院へ行く必要がありますが、特に急性フィラリア症の場合はかなり危険な状態になっているので、異常を見つけた時点で病院へ連れて行くようにしましょう。まず、フィラリア症にかかってしまった犬や猫の症状ですが、急性フィラリア症にかかってしまうと、黄疸になったり、赤褐色と不気味な色の尿がでるのが特徴です。目に見て分かるような症状が現われるので、異変に気付いたらすぐに病院へ連れていきましょう。逆に慢性フィラリア症は気づかないことも多いです。普通の風邪のように咳をしたり、息切れをしたりする事もありますし、腹水や水を異常に欲しがる、散歩に行くのを嫌がるなどの普段とは違う症状があらわれます。しかし、時期が暑い時期なので、疲れて水を欲しがっている風に見えたり、気分で散歩を嫌がっているようにも見えてしまうため、気づかない人も多いです。
普段とは違っていると感じた場合には、念のためフィラリア症の検査を受けるようにするといいでしょう。不安に感じながらレボリューションなどの予防薬を投与してしまい、仮に感染していたら、ショック症状を引き起こしてしまう可能性もあります。少しでも不安な症状をみせたら、病院で検査を受けるようにしましょう。
毎年蚊が活発化する時期にはフィラリア予防薬を投与する必要がありますが、毎年投与する前には、一応フィラリアの検査を行うようにしましょう!

↑ PAGE TOP