投与の仕方は色々!|犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!

犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!

投与の仕方は色々!

白い錠剤とそのシート

フィラリア症の予防薬は、人気の高いレボリューションだけではありません。ストロングハートやアドボケートのように、他にも有名で人気のある医薬品はたくさんあります。色んな予防薬がある中で、犬や猫の種類によって相性の良い悪いがあるので、色々情報を得ることが大事です。
まず、フィラリア症の予防をする方法は、3種類あります。注射タイプ、チュアブルタイプ、スポットタイプがあるのですが、飼い主さんがラクになるのは注射タイプでしょう。頻度も1年に1回投与するだけで済みますし、病院でお医者さんが注射をしてくれるので、安心感があります。しかし、副作用を引き起こしたケースが最も多い投与方法が注射タイプです。特に雑種や血統種は相性が悪いと言われていますが、中には何事もなく予防できている犬や猫もいます。少し心配だという人は、最も安全性に長けている方法であるチュアブルタイプの投与方法がいいかもしれません。チュアブルタイプは、錠剤をのませることで予防ができる方法です。昔は苦い医薬品ばかりで犬や猫も嫌がって飲みませんでしたが、今では生肉風にしていたり餌の形をしていたりと犬や猫が自ら望んで食べたくなるような医薬品のものが多いので、飼い主もおやつをあげる感覚で投与することができます。しかし、中には鼻が利きすぎる犬や猫もいます。ニオイに敏感なので、少しでも違和感を感じたら飲まない子達もいるでしょう。そのような際には、スポットタイプを使用しましょう。人気の高いレボリューションもこのタイプですね。スポットタイプは、首の周りの皮膚に薬の液体を垂らすだけの簡単な投与方法なので、犬や猫が嫌がることなく投与できます。投与後に触れるのを控えるなど気を遣うことはありますが、一番与えやすい方法なのかもしれません。
チュアブルタイプやスポットタイプは、月に1回決まった日に投与する必要があるので、投与し忘れには注意しましょう!

↑ PAGE TOP