犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!

感染してしまったら?

錠剤とカプセル

フィラリア症はレボリューションなどの予防薬を投与すると確実に予防できますが、もし感染してしまった場合にはどのような症状が出てくるのでしょうか?ここではフィラリア症の症状について紹介します!

投与の仕方は色々!

白い錠剤とそのシート

レボリューションなどの予防薬が人気が高いですが、フィラリア症の予防薬は他にも色々な医薬品や投与方法があります。犬や猫によっても違いますし、ここでは予防方法を紹介していきます!

蚊の活発な時期に!

赤いお皿に入った3種類の薬

4月下旬〜11月中旬にかけて蚊は活発に活動をします。もちろん、1年中活動しつづけている蚊もいますし、種類によって生息している時期が違っています。
蚊が活発化する時期に犬や猫に多く見られる症状がフィラリア症と呼ばれている病気です。蚊が活発化する時期には、やはり蚊に刺されることが多いですよね。人間だけではなく動物なら蚊に刺されることは日常茶飯事の出来事です。蚊が人間の血を吸った際にフィラリアが感染してもフィラリアという寄生虫は人間の体内の中では死滅してしまいます。そのため、人間が蚊に刺されてしまってもあまり問題にはなりません。しかし、犬や猫が蚊に刺される際に、蚊がフィラリアを持っていれば犬や猫には確実に感染してしまいます。フィラリア症は予防をしていれば絶対に感染しませんが、予防していない場合や投与し忘れてしまっている期間に刺されてしまえば、感染する可能性はあります。フィラリア症の恐ろしいところは、体内で成長した寄生虫が生きるために必要な臓器である心臓などに住み着いてしまうことです。体内で成長をつづけ大きくなったり、増えたりしながら心臓に居座ると、犬や猫の心臓は次第に機能しなくなります。心臓が機能しなくなると命をおとしてしまうので、フィラリア症は恐ろしいと言われています。感染してしまっても寄生虫を手術で取り除けばいいのですが、人間よりも小さい臓器である犬や猫の手術はとても困難です。非常に高い技術をもって、手術をしなくてはいけないので、必ず成功するとは限りませんし、後遺症は残ってしまいます。
このように、進行が進めば進むほど命をおとす危険性が増していくのがフィラリア症です。フィラリア症は、レボリューションなどの予防薬を使用して確実に予防しましょう。

自宅でも買える!

1回分の薬

レボリューションなどの医薬品を購入する際には、動物病院へ行く必要がありますが、病院へ行かなくても購入できるサイトがあります。ここでは医薬品を自宅から購入できる方法を紹介していきます!

人気記事

沢山のカプセルを取り出した様子 「犬のフィラリア予防薬で人気の高いレボリューション!」の人気記事です。

↑ PAGE TOP